スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フィナンシャルエンジニアリング―デリバティブ商品開発とリスク管理の総体系

フィナンシャルエンジニアリング―デリバティブ商品開発とリスク管理の総体系
ジョン ハル

定価: ¥ 9,660
販売価格:
人気ランキング: 370404位
おすすめ度:
発売日: 2001-08
発売元: 金融財政事情研究会
発送可能時期:

原著もほしいです
せっかくこんな良い本を訳すなら、訳者(東京三菱銀行金融商品開発部)にはもう少し手抜きしないで訳してほしかったというのが感想です。ちょっとつまらない違訳が目立つようです。英語が得意でない人でも原著は比較的平易に書いてあるので、お金が許せば原著も買って参照用にするのが良いと思います。直接原著を読めればベストですが。

門外漢には易しめだが
私のような全くの門外漢が原著を読む際には、同じ英単語でもその分野に応じた術語に直すことが出来ずに困ることがあるが、そういう意味ではこの日本語訳には意味があると思う。内容的にも、大学教養レベルの数学が解れば理解に躓くような部分は余りない。もっとも同じ術語でも出現位置によって用語の統一がなされていなかったり、説明なしに術語が出てきたり、術語と英訳の対応のさせ方が章(著者)によってバラバラだったり、そのせいで索引がきちんと機能していなかったりと粗雑な出来なのは否めない。でも原著を買いなおそうにも大金を払っちゃったしね(藁

とてもわかりやすい本です。
原書を読むのにはちょっと英語力が…という、金融工学をできるだけ独学で勉強したいという金融機関の人や学生にとってとてもよい本だと思います。1000ページを超える本だけあって、内容はとても充実しているし、やさしく書いてあって読みやすいと思います。ほかの本では、数式等が書いてあっても、それを実際の数値を使って計算するということはあまりありませんが、この本では、ほとんどの項目で具体例が載っています。また、練習問題もかなりたくさんあります(答えは英語版のソリューションマニュアルとして出ています)。日本語訳としては、いきなりハル氏のホームページアドレスが違うなど…という点はありますが、そういう点を考慮しても、十分買うべき本だと思います。

スポンサーサイト

2009/01/20(火) | エフエックス | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://shiawase7fx.blog36.fc2.com/tb.php/200-a986d12f
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。