スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フィナンシャルエンジニアリング―金融派生商品開発入門 (ニューファイナンシャルシリーズ)

フィナンシャルエンジニアリング―金融派生商品開発入門 (ニューファイナンシャルシリーズ)
ジョン ハル

定価: ¥ 7,600
販売価格:
人気ランキング: 424190位
おすすめ度:
発売日: 1992-05
発売元: 金融財政事情研究会
発送可能時期:

ついに第6版
定番の第6版が出ました。今回は大きな改訂や追加もなく、構成の整理とエッセイの追加がなされています。
それにしても、日本語訳が出るとほぼ同時期に次の版が英語で出るというのが定番になっていますね。今回は5版と6版であまり内容に差が無かったのでよかったのですが、4版と5版は結構差があり、日本語を買った人には気の毒な思いをしたものでした。まあ、この分野に挑もうとする人は英語版を読むべきだと思いますが。
細かい点ですが、第5版で「住友銀行」の銅取引損失、となっていた部分が「住友商事」に直ってますね。

第6版
Derivatives の教科書。初版から15年、最新の第6版(2005年出版)になった。
この間のこの分野は目を見張る発展があった。第6版については、内容的には第5版とそれほど大きな差はない。今回の改訂は、教科書として読みやすく使いやすい物にするということが目的にあったと思われる。第5版までは、MBAの教科書としては若干難しく使いづらいことがあったのでそれを改善しようとしている。この間ほかの多くの競合するテキストも出版されたので、その中での位置づけをしようとしているのだと思われる。

introとしては良い。
最初にデリバティブのせつめいとかいろいろしてくれているため、
導入としてはよいでしょう。
数学的にもどうにか追える範囲で書いてる。
11章から突然毛色が変わる。
数学が苦手な人はここで死んでしまうと思う。
一方で、どうしても少し甘い。
というか、感覚で説明してかえって分かりにくくなってることもある。
金融工学の入り口にはなるけど、
これ一冊では到底完結してない。

スポンサーサイト

2009/01/15(木) | エフエックス | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://shiawase7fx.blog36.fc2.com/tb.php/202-9309de5b
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。