スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

GENTE2 (Fx COMICS)

GENTE2 (Fx COMICS)
オノ ナツメ
GENTE2 (Fx COMICS)
定価: ¥ 683
販売価格: ¥ 683
人気ランキング:
おすすめ度:
発売日: 2008-04-17
発売元: 太田出版
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

あこがれ満載。
こいつはフランス映画の中の主人公たちのようです。
日本のドラマのように、ありえないくらいの急展開が
なくて、一見たんたんとしているんですけど、ふつふつとした
ドラマがじんわりと横たわっている。老眼鏡の登場人物は
紳士でとても可愛く、そして楽しく人生を生きている。
それをみているかわいい女性たち。素晴らしいあこがれの生活。


漫画に出てくる料理も旨そう。

オトコの喜びとオンナの喜び その微妙なずれと一致
本編「リストランテ・パラディーゾ」の時空を止めて、遡っていた
外伝の第2作。とにかくクラウディオに尽きる。

大人達の物語
楽しみにしていた2巻でしたが、裏切られませんでした。
短編集とはいえ連作ものなので、本編であるリストランテ・パラディーゾと
GENTE1巻を読んでからの方が、設定は分かりやすいと思います。

実はリストランテ?の発売当初は、
絵柄とリストランテという舞台設定に惹かれたものの、
書店のポップが「老眼鏡紳士萌え」となっていて、
買うのを躊躇していました。
でも読んでみたら、物語としても楽しい作品でした。

レストランを舞台にした群像劇の洋画を見ている気分になります。
性格を含めた人物設定が、漫画の類型というよりは洋画的。
この物語の主役たちは、みな中年以降。
「紳士萌え」なんて煽られているけれど、
実は魅力的な女性の物語でもあるなあと思いました。
特にこの巻はリストランテの(元)女性シェフが格好良かった!
また、リストランテのオーナーの奥さんとその親友の間柄も素敵です。

少年少女(?働きマン世代)が主役の物語だと、
「恋に落ちて失恋して」「何かに挑戦して失敗する」というのは、
人生でたった1度きりの大問題で、失敗したら終わりという扱われ方をしがちです。
(それはそれで魅力的で、好きです。)
だけどこの物語は、経験豊富でそれなりに苦い思いを味わい、
またそれを味わうことは決して特殊な事じゃない、ということを理解し、
人生というものを一歩引いて俯瞰することを覚えた、大人達が主役。
だから、そのあたりの扱われ方が、離婚後の男女関係などを含めて、
少年/少女漫画とはひと味ちがう魅力に溢れていました。

魅力的な癖のある絵柄と趣味性の高い話ではありますが、
慣れてしまえば、様々な人が楽しめる間口の広い作品だと思います。

とりあえず、次回作が待ち遠しい!

スポンサーサイト

2009/08/15(土) | FXトレーディングシステムズ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://shiawase7fx.blog36.fc2.com/tb.php/48-3de46818
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。