スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

金融史がわかれば世界がわかる―「金融力」とは何か (ちくま新書)

金融史がわかれば世界がわかる―「金融力」とは何か (ちくま新書)
倉都 康行
金融史がわかれば世界がわかる―「金融力」とは何か (ちくま新書)
定価: ¥ 756
販売価格: ¥ 756
人気ランキング: 19051位
おすすめ度:
発売日: 2005-01
発売元: 筑摩書房
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

今読んでも示唆に富む
正直、新書なので、コンパクトな分、専門的な話や個別の企業の話にまで言及されていません。個別論の話を期待する方には物足りないかもしれません。ただし、金融のダイナミックな動きがコンパクトにまとまっており、理解しやすいのは良い点だと思います。金融は門外漢の私が本書を読んでためになったと思ったのは、以下の点です。第一に、金融力≠経済力ではないこと。そのため、80年代から90年代にかけて日本やドイツの経済力がいかに強まっても金融力がなぜ期待されていたほど伸びなかったかがわかります。(3章)第二に日本のバブルからの失われた10年でなぜ、あれほど不良債権問題で苦しんだのかということがわかりました。(4章)本書は、2005.1に発行されているが、サブプライム問題が発生している現在においてもその歴史的文脈を理解するうえでも示唆に富むように思われます。

金融力が基軸通貨を決める
本書では今後の国際金融を展望するため、金本位制や金銀複本位制の時代に遡り、基軸通貨はどのようにして生まれ、また引き継がれていくのかといったところから話を始めている。

他の国に先駆けて産業革命を行い、経済大国・軍事大国になったイギリスの通貨ポンドは、金本位制の下、基軸通貨として使用されていた。その後第一次世界大戦により疲弊したイギリスではあるが、第二次世界大戦が起きるまではイギリスのロンドンが世界のマーケットであったことから、引き続きポンドは基軸通貨の地位を守り続けた。しかし第二次世界大戦でイギリスは大打撃を受けたため、同国の通貨ポンドは経済力・軍事力そして金の保有高も最高となったアメリカのドルに基軸通貨の座を譲った。

第二次世界大戦で疲弊したヨーロッパ経済ではあったが、ドイツを始めそれぞれの国が復興を遂げ、経済力をつけたことからアメリカの相対的な優位さは失われ、更にベトナム戦争など軍事的支出が増加したため貿易収支、財政収支が赤字になり、それとともにドルに対する信認も揺らぎ始めた。

やがてドルは金との兌換を停止し、変動相場制に移行したが改善は見られず、ドルの危機も囁かれるようになった。しかしそのような危機を乗り越え、現在もアメリカ・ドルは基軸通貨としての役割を担っている。一方1990年代に膨大な貿易黒字を抱えた日本の円は、基軸通貨になるのではないかといった事まで言われていたが、結局アジアの基軸通貨にさえ成れていない。著者によると、この差は「金融力」によるものであるという。貿易取引のためだけの金融の時代は終わり、現在は資本取引が中心である。つまり物の移動に伴うお金のやり取りよりも、資本取引から生まれる収益を狙うお金がマーケットの大半を占めるため、経済規模が大きいだけではダメで、資本取引に便利なマーケットを持つ国の通貨の方が有利なのである。アメリカのマーケットはスワップ、オプション、先物などデリバティブの技術が発達している上、格付け機関や不正監視機能など金融インフラが充実している、つまり他国よりも優れた「金融力」を持っていたため、貿易・財政という双子の赤字を抱えていても、ドルは基軸通貨としての地位を失わなかったのだと著者は分析している。

しかしこれからはドルだけではなくユーロも台頭し、ドル・ユーロの二極基軸通貨になるのではないかと著者は考えている。ユーロに統一されたことで、それ以前のようにマルク、フラン、リラ・・・など通貨ごとの為替変動リスクの管理が不要になり、資本取引がし易くなった上、ユーロに統一されたことによりマーケットが拡大し、アメリカのマーケットに迫る「金融力」を持ち始めたからである。
ただ、EUの中央銀行は、アメリカの中央銀行、つまりFRBほどの信認が得られていない点で見劣りがすると著者は指摘する一方、今後はこのような点に改善が見られれば、二極化はより明確なものとなるとも述べている。またBRIC’sと言われている国々の通貨動向からも目が離せないとも言う。

財政と貿易という双子の赤字を抱えるアメリカ・ドルが、基軸通貨としての地位を失いそうで失わない理由を「金融力」に求める本書の論旨は分かり易い。金融・経済を学ぶものだけでなく、コインコレクターにも本書をお薦めする。コインや紙幣が発行された時代の経済的・金融的事情が理解できれば、きっと収集にも深みが出てくるであろう。



コンパクトにまとまった金融史
最近の国際金融の移り変わりと、その中で生まれた金融技術の発展について、
コンパクトにまとまった良書です。
イギリスのポンド、アメリカのドル。固定相場制から変動相場制。
そして、そうした動きの中で生まれてきたスワップやオプションに代表される
金融技術。本書ではそうした近現代の金融取引の流れが実に要領よくまとまっています。
本書の特徴はやはり、筆者の持つ、実務家という視点であろう。
デリバティブズが為替変動性に伴って生じた価格変動リスクに対応するという、
市場の要請によって生まれたという件や、欧州金融再編の解説など、
今の金融を理解する上で必要不可欠な知識がわかりやすく説明されています。
欲を言えば、今後の国際金融の展望についての記述がもっとあれば良かった。
実務を経験した者が占う、ドルやユーロ、円、元の行方。
と言われただけで興味が沸いてきます。
ただ、それを差し引いても、中身の充実した、良質な一冊であることは間違いないでしょう。
これから金融を学びたいという方や、金融を知る取っ掛かりの本を探している方にお勧めの一冊です。

スポンサーサイト

2009/08/17(月) | FX関連書籍 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://shiawase7fx.blog36.fc2.com/tb.php/84-fa092aab
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。