スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いまなぜ金復活なのか―やがてドルも円も紙屑になる

いまなぜ金復活なのか―やがてドルも円も紙屑になる
フェルディナント リップス
いまなぜ金復活なのか―やがてドルも円も紙屑になる
定価: ¥ 1,890
販売価格: ¥ 1,890
人気ランキング: 19065位
おすすめ度:
発売日: 2006-10
発売元: 徳間書店
発送可能時期: 通常3~5週間以内に発送

いまの時代にとってゴールドとは何か?
 フェルディナント・リップス氏というロスチャイルド家の老銀行家が、金本位制が何故崩れて行ったかを現場から回顧した。金に関する書籍は多いようで少なく、しかもドルショックにより金への兌換性が廃止され、スイスを始めとする各国中央銀行がいかに対応して言ったかの史実を、自分が見聞きしたことを織り交ぜながら比較的客観的につづっている。
 原題は「GOLD WARS」であって、本書の副題に有る「やがてドルも円も紙屑になる」というような今はやりの破綻本ではない。
 小生が思うに、ドル覇権はサブプライム問題などで揺らいで入るが、ここ10年や20年で破綻することはないはずだし、金本位復活などありえない。グローバル化した世界経済は、長い時間をかけてドルに変わる基軸通貨を模索するに違いない。

金についての現代史が学べる
貴重な著作だと思います。
私も大学で経済学を学び、著者が忌み嫌う銀行業界ではや20年近く働いてまいりましたが、正直金本位制などというものは、歴史上の存在、化石のような現代にはまったく役立たないものと認識しておりました。
しかし、仮に金本位制が守られておれば、「世界大戦や何度も繰り返された株価の暴落などの恐慌、経済混乱は避けられていた。」との著者の主張を聞くに及び、我々(経済学者、銀行家)が信じてきたものが、如何に理論的でなかった思い知らされた次第です。

「金」と「ドル」と主導権闘争の歴史
  ロスチャイルドの元金庫番によって「ドル支配経済」の実態が
語られた本です。著者は、金とドルとの戦争の歴史、即ち、米国
がグローバルスタンダードとしてドルの価値を高めるべく金本位
制を過去の遺産として葬った経緯を説明します。さらに、長期的
にはドルの信任は低下し、金本位制の復活は避けられないと予
言します。外貨資産に興味のある方にお勧めの一書です。

スポンサーサイト

2009/12/17(木) | FX関連書籍 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://shiawase7fx.blog36.fc2.com/tb.php/86-0db8ec32
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。