スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サブプライム後に何が起きているのか (宝島社新書 270) (宝島社新書)

サブプライム後に何が起きているのか (宝島社新書 270) (宝島社新書)
春山昇華
サブプライム後に何が起きているのか (宝島社新書 270) (宝島社新書)
定価: ¥ 680
販売価格: ¥ 680
人気ランキング: 18573位
おすすめ度:
発売日: 2008-04-09
発売元: 宝島社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

前著よりサブプライム問題に深くつっこんでいる
サブプライム問題が発生したあとにおこった,金融商品の格付けに疑問がもたれたこと,レバレッジをつかって資金をふやす方法に疑問がもたれて資金があつめにくくなったこと,欧米での資金調達ができなくなったためにアジアや中東に有利な条件をしめして資金調達せざるをえなくなったことなどが書かれている.前著「サブプライム問題とは何か」では解説されていなかった,証券化でつかわれた「優先劣後構造」という金融技術なども丁寧に解説されている.今後,アメリカのやくわりが中国によってとってかわられるのか,日本はどうなるのか,などについても論じられている.前著との重複はよくおさえられているので,あわせて読むとよいだろう.


繰り返され、増幅されるモラルハザード
前著「サブプライム問題とは何か」に続き、分かりやすく現在起きている問題の本質を開設し、金融を中心とした経済の今後を描いています。

前著に引き続き、経済の素人(大学生から社会人1-2年生を想定しているとか)が読んでも分かりやすいように解説されており、非常に読みやすい。金融のプロであるはずの銀行・証券会社・モノライン保険会社等が、「レバレッジ」や「証券化」という打ち出の小槌を手にしたが故に陥った、「楽をして、効率的に儲けよう」とするが故の、モラルハザードがどのようなものであったのかがよく分かります。

2006年前半まではかつてない好況を享受していた世界経済が暗転し、今も底が見えない恐怖。好況時には、調子にのって、「赤信号をみんなで大手を振って渡っていた」人たちが、一斉にあらゆるリスクに背を向ける極端な方向転換。レバレッジという「てこの原理」があるがゆえに、ちょっとしたきっかけが、世界経済を反転させてしまうほどのインパクトを持つ、怖い世界。もともと極端に振れやすい人間の心理が、金融技術の発達によってさらに増幅されてしまう不安定さが現代金融の特徴なのでしょうか。

本書では、前作以上に、ポスト・パクスアメリカーナの世界経済の予測に力を入れています。影響力を増してきたSWF。イスラムの厳格な教義に根差すイスラム金融。共産主義という枠の中で工夫を重ね、膨大な生産力と内需を武器に世界中に経済覇権を広げようとしている中国の姿など、アメリカの次、を考えるためのヒントが詰まっています。

字も大きめで通勤時などにもさらっと読め、しかも、現代金融が抱えるのリスクの本質がわかる本。前作ともどもお勧めです。

テレビのコメンテータ的というか
著者の本はこの続編から読んでだせいか、他の方の指摘に反して、サブプライム問題を理解するには不十分ではないかと思います。
著者も不正確を恐れず書いたとあるように説明を簡略化省略しすぎてる。もっと正確なことを知りたいなら他の本にあたるべき。
出典もほとんど明らかにしていないのである部分が著者の感想・思いなのか展望なのか客観的な取材の結果なのか、なんなのかよくわからない。

後半は覇権国がどうなるかとか、、予想みたいなことにならざるをえないし、日本がこれからどうあるべきかとか、手を広げすぎ!と思ってしまった。
著者の見立て、展望大いに語るという本

多数の方の評価が高かったので期待しすぎてたのもあるかも。

スポンサーサイト

2009/11/03(火) | FX関連書籍 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://shiawase7fx.blog36.fc2.com/tb.php/87-420dc256
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。