スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お金の流れはここまで変わった! (新書y)

お金の流れはここまで変わった! (新書y)
菊地 正俊
お金の流れはここまで変わった! (新書y)
定価: ¥ 777
販売価格: ¥ 777
人気ランキング: 21242位
おすすめ度:
発売日: 2008-11-06
発売元: 洋泉社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

タイミングの悪い本だが、使える部分はある
・ 正に今年の夏までは原油などの資源価格は高かったのだが、その後急落して現在インフレ懸念はおさまっており、タイミングの悪い内容の本である。また、サブプライムローンの原因と影響についての説明はほとんどない。
・ただ、「日米の個人金融資産の内訳」(P.33)、「世界の個人富裕層の資産配分」(P.37)、「主体別の日本株保有比率推移」(P.95)、「国内銀行の資産構成」(P.136)、「日本国債の所有者内訳」(P.147)、「年金運用の資産配分」(P.163)、「日本の不動産市場」(P.167以降)など参考になるデータや説明もある。

・なお、P.6の「機関投資家は、短期で運用報告することが求められるため、08年のような危機になると株式に手を出せない」は、語弊がある。ヘッジファンドはともかく、年金基金などの機関投資家は通常、運用ガイドラインにそって資産をリバランスするため、株価下落局面の重要な買い手となる。
(付記)タイプミスや誤字(P.160の「過度的」など)が散見されるので、編集者は反省すること。

文庫ではできない、新書の良さだと思います。
 サブプライムローン問題から発した、世界金融危機、同時株安。アメリカで問題が発し1年が経過するが谷が見えず、10月には一時28年ぶりに7000円代を割ったというニュースが報じられた。今、世界のお金はどこに流れているのか、日本株は誰が売っているのか最新のレポートが豊富にある。個人的には外国人投資家が保有している日本株の割合データに驚いた。

 リアルタイムの問題に即したプロのニュース解説。これぞ文庫では真似のできない、新書の良さだと思います。

お勧め
世の中先行き暗い話ばかりですが、明るい方向もあるのだと教えてくれます。知識豊富な著者の経済的視点から多方面に完結にまとめてあります。

スポンサーサイト

2009/04/09(木) | FX関連書籍 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://shiawase7fx.blog36.fc2.com/tb.php/98-dfa144b8
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。